葬儀を行う前に準備すること

葬儀を行う前には、まずは相談する葬儀社を決めなければなりません。葬儀社が決まったら、式のスタイルや段取りを取り決めます。

いい葬儀のポイントとは

ゆっくりお別れができました

祖父の葬儀では、大勢の招待客を呼びましたが、祖母の葬儀は家族葬にしました。ゆっくりお別れができてよかったです。

事前に決めておきました

病気の父は、死期を悟って自ら葬儀社を決めていました。故人の希望に合った式ができて、本人も家族も満足です。

葬儀社選びは大切だと痛感しました

母を亡くして落ち込んでいたところ、葬儀社の担当者さんが、葬儀が終わるまでずっと付き添ってくださいました。良い葬儀社に出会えてよかったです。

自由葬で笑顔になれました

音楽が好きな兄のために、葬儀ではオーケストラを呼んで生演奏してもらいました。家族も参列者も、笑顔で兄を送ることができました。

母の気遣いに感謝しています

亡くなってから気付いたのですが、母は生前に自分の葬儀を予約していました。費用も支払済で、最後まで家族を気遣う母に感謝の気持ちでいっぱいです。

一般葬で行う形が少なくなっている

ろうそく

お葬式の形が環境の変化と共に、変わって来ているようです。一般葬と言われる葬儀の形が広く行われて来ていたのですが、昨今のお葬式では家族葬が主な形になって来ています。古くから横浜で行われて来た一般葬とは、親族を含め故人と生前に友人関係にあった人たちだけでなく、町内会人達、また仕事関係などでお付き合いのあった人など多くの人が参列されて来ました。しかし大家族時代から核家族が当たり前になった上に、亡くなる方が高齢化と言うこともあり、わざわざお葬式に来て頂くことが申し訳なく考える喪主の人が増えたことから、家族と身内だけで行う家族葬が多くなったと言われます。忙しく済ます必要がある葬儀をごく少人数だけで行うことで、亡くなられた方とゆっくりお別れの時間を持てると言う良さもあるからなのでしょう。

少人数で行うことが出来る良さ

合掌する女性

横浜で行う家族葬を行うメリットは、お参りに来てくれた人たちへの気配りが少なく済むと言うことがあります。家族だけ、更には親族を含めた少人数で行うことになりますので、周囲の人たちへ気配りが必要なく、葬儀に集中出来る良さが出て来ます。また少人数で行うことは、費用も少なく済むことになると言うメリットも生まれて来ます。更には宗派に囚われることなく葬儀を出せることもメリットで、僧侶がいない葬儀と言うことも有り得ることになります。

大事な人には連絡だけでも

数珠

但し横浜で家族葬を行う時に礼を欠くことにもなりかねませんので、注意が必要なことが出る場合があります。仲の良かった友人へ葬儀の連絡を入れなかったとか、町内会への連絡も入れないと言った失礼をしてしまうと、苦い経験となってしまうことが考えられます。そのため家族葬を行うことになったと言う連絡を入れておく必要がある人がいる訳で、そのことを忘れないようにしましょう。互いに嫌な気持ちにならないことも必要になりますので、喪主さんの考えだけでなく周囲への配慮も考えることが大事です。

広告募集中